女の子向けランドセルの素材とは

大切に使うことを教えられる

女の子用のランドセルを購入するついでに、作り方や素材を知っておくことで、より質の良い商品を購入することができるでしょう。そして、作り方の大変さを知ることで、大切に使うようになるかもしれません。

ランドセルの工程

型入れから始める

革製品はとても分厚いので、型入れをしてその通りに切らなければ、すぐに不良品になってしまいます。ですので、必ずどこの業者でも型入れから作業をスタートして作成します。

裁断する

形が整ったら、次は型入れ通りに生地を裁断していきます。最近では機械で全ての工程をやってしまうところもありますが、手作業のものの方がランドセルに温かみが出るといえるでしょう。また、機械で作っているものは、手作業で作っているものに比べて安いと言われています。

厚みを調整する

革は牛や豚、山羊など動物の皮を使用しているため、形や厚みがまちまちです。ですので、必ず生地を伸ばす工程を行ない厚みを均一にするところから始まります。そして、均一にできたら縫い合わせることができるようになります。

かぶせの縫製

厚みが整ったらいよいよ縫い合わせる作業に移ります。一つ一つ職人さんが手作業で行なっているので、質の良いものができあがるのです。いろいろなパーツを縫い合わせることにより、ランドセルの原型ができあがります。

最終確認をする

かぶせの縫製が終わると、ポケットなどの細かい部分を縫い付ける作業に取り掛かります。また、こちらはほとんど手作業ですので、根気が必要です。また、一度でも間違えたら売り物にならないので、慎重に作業をして作成しています。

ランドセル選びのコツ

ランドセル

牛革が壊れにくい

女の子のランドセルに関わらず、牛革が使用されています。こちらは文字通り牛から皮を剥いで加工し、ランドセルや鞄、靴などに当てられています。また、丈夫ですので、壊れにくいものをプレゼントしたいなら、こちらがベストといえるでしょう。

コードバンが人気

コードバンは最近になって使われるようになった、馬のお尻の素材です。こちらの革は機能性が高いだけでなく、見た目も高級品のようにツヤツヤしているので、女の子のランドセルをプレゼントするのに最適だといえるでしょう。

人工革がお買い得

馬などの革製品は高級品とされており、丈夫で見栄えもいいですが、値段が高いことがネックになっています。そういった時は、クラリーノという人工革をあしらったランドセルを女の子にプレゼントするといいでしょう。クラリーノは本革に比べて質も落ちません。

広告募集中